オーダーメイドの販促屋さん

のぼり・のれん・タペストリーのオーダーメイド制作

第7回板橋経営品質賞 奨励賞受賞 第6回地域環境エコライフスタイル部門 奨励賞受賞 40周年
全国対応

受付 平日9:00-17:00

FAX 0120-629-926

Email info@futaba-kikaku.com

とある雨の日の会話

とある雨の日。

事務所内は、午前中のバタバタした状態がウソのように電話の音もせずに、ただUSENから雨の日にちなんだ音楽がなっている。

ある人は、キーボードを忙しく打っている。
恐らくお客さまからのメールの対応で忙しいんだろう。

かと思えば、ひたすらPCのモニターを見ながら、腕を組んで眉間にシワを寄せている人も見られた。

ちょうど3時になったので、ふたばちゃんはおやつ食べながら一息ついて、雨が降る窓の外をボーっと眺めていた。

そこに、とある女性の営業さんがやってきた。


Kさん
あら。ふたばちゃん。お疲れさま♪

 

 
ふたばちゃん
あっK先輩!
お疲れさまです!
 

Kさん
隣に座ってもいい?
普段あんまりゆっくりお話しする機会もなし、
ランチも一緒に行くこともできないしさー。
たまには少し話しない?

ふたばちゃん
どーぞー♪ひさしぶりですもんね。
ふたばちゃん
(どうしたんだろう...
もしかして、ガールズトークとは始まっちゃう⁇
でもK先輩は女の子のお子さん二人もいるから、
ガールズトークでもないか...。
もしかしてお説教だったりする???ドキドキドキ...)

Kさん
ふたばちゃんはさ。
いつも、ランチは一人で外に食べに行ってるじゃない?
例えば、1人でランチに行くお店って、どうやって選んでる?

 

前の事務所は、ハッピーロード大山商店街の近くだったから、
ランチに行くにしても先輩達がいろんなお店に連れてってくれて
教えてもらったと思うんだけどさ。


ふたばちゃん
そうですね。
今の事務所周辺は、
いわゆる「ランチ難民になる」なんて言われてる地域なので、
飲食店さまもハッピーロード大山程ないですしねw
Kさん
そうだよね。
こっちに事務所が移転してからまだ1年半くらいで、
最初は周りに何がどんなお店があるかわからなかったと思うんだ。
どうやって探してたの?
ふたばちゃん
最初にこの事務所に引っ越す前に、下見で何回か来てたんですね。
その時に少し周りを歩いたり、
Googleマップとかで周辺の飲食店さまを探したり。

 

あとは、Twitterを始めたこともあって、
板橋区の飲食店さまを探してたりしましたね。

あと他の先輩がやっぱりランチの時間に
歩いて見つけて入ったお店を教えてもらったりですね。

Kさん
そういえば移転当初は、
毎日のようにランチから戻ってくると、
みんなで
「今日はどこにランチに行ったの?」
って会話が飛び交ってたもんね(笑)
ふたばちゃん
そうでしたねw

 

「あのお店は、店前にある写真より量が少なくってダメ!」

「あそこのお店は、表は怪しいけどおいしかったよー」とか

「ちょっと歩いて探したら、こんなお店見つけたんだよね!」とかですね。

みんな話して情報交換してましたね。

Kさん
でさ。あれから1年半経ったじゃない?
だいたいこの周辺の飲食店って一通り回ってみた?
ふたばちゃん
いやいや。
お店が少ないとは言っても、
まだ一回も行ったことがないお店の方が多いですよぉ。
Kさん
それはなんで?
ふたばちゃん
うーん。
ひとつは、
単に食べたいと思うメニューが無さげだからですかね。

あとは、営業してるかどうかわからない、
入りにくい印象の外見だったり、
いかにも「地元の常連さんオンリー」に見えるお店とか。

 

他には、ネットで口コミ見たりして
あんまり評判が良くなかったり、
口コミがないお店には行ってないですねw

だって。お仕事の合間に、
唯一1人でゆっくりおいしい物を堪能できる時間じゃないですかぁ。

残念な思いはしたくないですよぉ。
だから、最近はあんまりチャレンジするようなことはしませんねw

Kさん
そっか...。
そうだよね。
特に女の子は一人で知らないお店に入るのって、
勇気がいるもんね。

ふたばちゃん
そうですね。
だから、ここのところランチに伺うお店は限られてきちゃってます。

 

しかも大体のお店には、週に必ずと言っていいほど1回は伺うので、
お店の方も顔を覚えてくれてます。

だから安心してゆっくりご飯が食べられるのがウレシいです♪

あとは、たまにしか伺えなくっても顔を覚えててくれて
笑顔で対応してくれてるお店もあったりするんですけどね。
会社からちょっと歩かなきゃいけなかったりすると、
時間的に余裕がないことが多かったり、
疲れちゃってたりで、なかなかいけなくって。

お昼休みの時間が2時間ぐらいあればいいのに!
とか思ったりすることもありますw


Kさん
じゃあさ。
1回だけいったけど、その後行かなくなったお店とかもあるの?

ふたばちゃん
あります!あります!

Kさん
たとえば?
どんなお店だったの?

ふたばちゃん
最近はそんなお店にはあんまり遭遇しないですけどね。

 

お引越し当初、
まだいろんなお店にチャレンジしてた時かな。
メニューも豊富で、お料理もおいしくて。
しばらく通っていたお店があったんですけどね。

ある日、そのお店のオーナーかな?
お店はお休みだったんですけど、
店頭で煙草を吸いながら日向ぼっこかなんかしてたんです。

で、わたしはその日はお店がお休みだってことを知らなくって。

近寄って行って日向ぼっこしているオーナーさんに
「今日はお休みなんですか?」
って聞いてみたんです。


Kさん
うん。うん。
そしたら?

ふたばちゃん
そしたら、そのオーナーさん!
半笑いでいかにもバカにしたように
「見りゃわかるだろぉ!休みだよ!」って。

 

ものすごい剣幕で。

その後は、たばこ投げ捨てて、お店の中に消えていったんです。


Kさん
うわ。最悪...

ふたばちゃん
結構気に入ってたんですよ。
そこのオーナーの息子さんだと思うんですけど、
接客の時もフレンドリーだったし。

 

お料理もそこそこ美味しかったしね。

でもただ一つ気になってたことはあったんです。

前々からそこのお店のパートさんとか他の従業員の方々の世間話がね。

お客さんの悪口を他のお客さんがいる前ででっかい声で、
しかも堂々とお話してたりするのはいかがなものか...と。

世間話に夢中になってお客さんがほっとかれてたりもしてたしw


Kさん
それ最悪だね...。

ふたばちゃん
それ以来、そのお店には一回も行ってないです。

Kさん
そりゃぁ、そうなるよね。

あっ。
話がズレちゃったね(笑)

ふたばちゃん
あっ。
そうですねwww

Kさん
話をもとに戻すね。
逆に今通ってるお店って、なんで入ろうと思ったの?

ふたばちゃん
最初は。
さっきもお話した通り、
歩きながら見つけたお店ですね。

フラフラ歩いてるときに、
遠くにのぼりとか看板が置いてあるのが見えると、
近くまで行ってみるんです。

Kさん
うん。うん。それで?

ふたばちゃん
その時に実際にお店の前にメニューの写真があったり、
お値段が書いてあったり。

あとは外から何となくお店の中の雰囲気とか、
他のお客さまがどのくらい入ってるかとか...

でも、その時は入らないです。

美味しいかどうかわからないから。

Kさん
じゃ、その後は?

ふたばちゃん
その日は帰ってから、
スマホで食べログとか
SNSとかで実際にメニューの写真とか口コミとか見て、
入るかどうか決めてました。

あと、どうしても行ってみたいけど、
でもちょっと外見が怪しそうなお店は、
社長さんに
「一人で入る勇気がないので一緒に行ってくれませんか?」
って誘って付き合ってもらったこともありますw

Kさん
なるほどね...

有名なお店はすでにネットの口コミで
どんどん評判が広がっていくだろうけど、
なかなか全部のお店がうまくネットで評判になることって
少ないもんね。

ふたばちゃん
そうですね。

 

一回伺って気に入ると何回か伺うようになりますね、
自然と。
そのうちに、SNSをフォローしてみたり。

タイミングよく「今日のランチメニュー!」とかの書き込みみると、
どうしても行きたくなって。
ランチの時間が待ち遠しくなったりしますw

 


Kさん
ということはさ、ふたばちゃん。

 

SNSは、
お店が新しいお客さんを集めるのに、
情報発信するのは効率的だと思う?


ふたばちゃん
はい!

 

更新するのは大変化もしれないですけど、情報発信をするのはいいと思います。

そのお店に興味を持っている人にとっては、
ありがたい情報源なので。

全然ありだとは思います!!


ふたばちゃん
でも...

Kさん
でも...?

ふたばちゃん
でも。

わたしはまだスマホとかネットとかで調べる時間があるので、
そうやっていろいろ事前に調べたりはできますけど。

でもサラリーマンの方とか、
子育て中の方とか、
夜遅くまで毎日お仕事されてる方とか。
毎回ネットで事前に調べたりする時間がない方にとっては、
お店が見つけやすくって、
どんなお店かがわかる方がありがたいんじゃないかな...
とは思ったりしますね。

Kさん
そうだよね...。

Kさん
...。

Kさん
......。

Kさん
.........。

ふたばちゃん
......???

Kさん

ふたばちゃん。

 

コラムがんばってね♪


ふたばちゃん
え!?

Kさん
久しぶりに話せて楽しかった。

 

先に仕事に戻るね♪


ふたばちゃん

......。
 

ふたばちゃん
.........(悩)

 

ふたばちゃん

あっ!!!!!!

ふたばちゃん
K先輩!

 

ありがとうございますっっっっっ!!!!!

休憩時間も終わり。

外はすっかり雨も上がって、澄み切った青空にキレイな虹が掛かっていた。

そしてふたばちゃんは目を輝かせながら、ふたたびPCに向かって何やら黙々とキーボードを打ち始めた。

そして。

3時間後-。


ふたばちゃんは1本のとある記事を書き上げ、そっと「公開する」ボタンを押した。